12.6 BPHの生徒になって♪

今日からBPH(バノラポイント・ハイスクール)との交流がスタート!

はじめにHALLにてウェルカムセレモニーが行われました。

クリス校長先生に続けて、BPHの生徒代表が2名、それぞれ日本語と英語で歓迎の言葉を贈ってくれました。本校からも園田先生が代表で挨拶。(セレモニーの手順の関係で、生徒団長と私は最終日に行うことになりました。)

その後、アボリジニの伝統的な歌と踊りでオーストラリアらしい歓待を受けました♪後半は、本校生も踊りに加わり、さっそく日豪友好☆彡

 

その後、バディ(校内でお世話になるマッチングの生徒)との対面を果たし、彼らが学校内をあちこち案内してくれました。

その後は、さっそく2教室に分かれての授業。オーストラリアの歴史・文化などを学ぶ授業が行われ、BPH生としての勉強がスタートしました!

ちなみに、左のジョディさんは、この期間中の担任の先生!!

すごく優しく接してくれつつ、きちんと家での宿題(といっても、ホストファミリーと会話して情報を聞き出すQ&A。生徒がコミュニケーションを取れるように、きっかけ作りとして配慮されたものです)も出してくれました。

 

 

 

 

 

昼食を挟んで、午後はSportsの授業。オーストラリアの有名スポーツであるクリケットや、テニスラケットを使ってのベースボールなどを楽しみました。

生徒たちは早くもバディと馴染み、更にその友だちも寄ってきたりして、楽しそうに交流しています♪この順応力はなかなかのものです。

朝と本日の解散時に、体調不良者やステイ先で困っていることがないかを確認しました。健康状態は全員良好☆彡ホームステイ先では苦戦しながらも英語を使って会話を試みているとのこと。トラブルに繋がるようなコミュニケーションの障害はないとの報告を受けております。ご安心ください。

オーストラリアの学校は、14:30で終了。「15:00にはひとっ子一人いない」と聞いており、嘘だぁ~と思っておりましたが…本当でした。本校生もステイ先の生徒と仲良く下校。夕方以降はそれぞれのホストファミリーと2日目の夜を過ごします。