招き猫先生の『ことちか日記』R2 1/19

大学入試センター試験第2日目である。本日は念のため、8時前に長崎大学文教キャンパスに到着、近隣のパーキングにはまだ少し余裕があった。

しばらくすると、昨日同様、3学年担任の先生方による出席確認が始まった。

昨日から、特に、トラブルや体調不良などもなく、2日目が始まる様子にホッとするところである。

長崎日大の本格的なセンター試験チャレンジは、何度も語っているように、平成元年度に誕生した「国公立大学進学クラス」による平成4年1月である。

初代が、笠松先生、高橋先生、福田先生、野上先生。2代目が、藤尾先生と久保先生。3代目が山本先生、井上先生、佐々野先生などなど、もはや現在の長崎日大の先生や生徒たちにとっては知らない名前が出てくる。

それに続き、4代目のバトンを引き継いだのが、現理事長の力野先生であり、副担任として吾輩も3年間、国語を担当した。(現在ではそのときの生徒の子どもさんが2人在籍している。)

3年間、手塩にかけて育てた30数名の受験生を率いての必死のチャレンジであった。

まだ、パソコンデータによる合否判定等もそこまで普及しておらず、膨大な大学データを見つめつつの、面談や出願、二次対策など懐かしい。

今年、多く報道されている「阪神・淡路大震災」が起こった年でもある。

神戸近郊に在住している姉の一家を心配しつつ、センター試験及びその後の指導にあたっていた記憶がある。

あれから四半世紀が過ぎたとは…。歳月とは流れるものである。

「がんばろう神戸」を合い言葉にして立ち上がった被災地は見事に復興を遂げた。心の痛む災害であったが、阪神・淡路大震災によって、日本の自然災害に対する危機管理は大きく進化したと聞いている。

同様にとは言えないことだが、平成に始まった、長崎日大の「センター試験チャレンジ」によって、長崎日大の教科指導や大学進学に対する意識も大きく進化したと思う。

幸福もあれば災いもある。成功もあれば失敗もある。

しかしながら、その度に、温かく助け合い、支え合って、立て直していく人間の力の素晴らしさを戦後の日本、平成の自然災害後の日本は見せてきたと思う。

今回のセンター試験に挑んだ約56万人の受験生の皆さんの中にも、成功と失敗と感じる点があるだろう。

しかしながら、そこから、いかに考え、次なる最善の一手を講じていくかが大切なのである。

明日から日本全国で「自己採点」が始まる。悲喜交々であろう。

「がんばろう受験生」と声を大にして言いたい吾輩である。

 

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R2 1/18

大学入試センター試験初日である。

8:00に、長崎大学文教キャンパスに到着すると、大学近隣の駐車場はまだ空きがあったが、すぐに満車状態となっていった。

キャンパスに入っていくと、高校3年生の担任、教科担当の先生方が勢揃い。

まずは一足早く試験が実施される文系の生徒さんの出席確認が始まっていた。

 

暖冬と言われている年でも、なぜかセンターの時期になると冷え込んだり、雪や路面凍結の心配をしなくてはならないのが常であるが、今年は天候に恵まれてホッとするところである。

元気に集合した生徒諸君の顔は実に凜々しく、頼もしい。

中学校1年生からの生徒さんたちから、「私たち、中学入試の時の面接は、先生だったんですよ。」と話しかけられた。

小学6年生の少女たちが、これほど凜とした素敵な女性に成長してくれたかと感激する。

少年たちも、凜々しく頼もしい青年に成長し、「なんだか、6年間あっという間でしたね。」としみじみ語ってくれた。

さあ!ここから、人生を切り拓く大勝負である。

吾輩たち教員は、祈りつつ、背中にエールを送ることしかできないが、担任の先生たちをはじめ、教科スタッフは2日間、一緒に戦う気持ちである。

「激励アメ」を配る、アカデミーコース長の渋谷先生の手にも力が入っている。

頑張れ!日大!である。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R2 1/17

つい先ほど、いよいよ明日に迫ったセンター試験の下見に出発する高校3年生を見送りつつ、その背中に渾身のエールをおくってきた。

 

本校ビジュアルホールに集いし「花の精鋭」たちは、総勢266名である。

平成元年、長崎日大に初めてできた「国公立大学進学クラス」が、センター受験の時は、わずか20名であった。

あれから30余年、13倍である。

吾輩、これだけで感慨無量なのである。

大学入試において、「センターは通過点」という考え方もあるが、「一次(センターを指す)が万事」という言葉もある。

やはり、「青春の大勝負」なのである。

生徒さんたちはもちろんであるが、こっちが緊張してしまう。

「我こそが長崎日大である」と、ひとりひとりが、顔を上げて、胸を張って、全員で全力で、センター試験を全うしてきてくださいと激励した。

ただただ健闘を祈る吾輩である。

そして、全国約50万人が受験する「最後のセンター試験」の順調な実施を祈りたいものである。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R2 1/16

本日は長崎日大の「登校指導」の日である。

朝早くから、学校からJR西諌早駅までを歩いてみる。

すれ違う、登校途中の生徒さんたちから真持ちのいい挨拶をもらいつつ、歩を進めた吾輩である。

駅に着いてみると、力野理事長先生をはじめ、「拍手が起こる生徒指導講話」肥田剛一至誠推進主任、「静かなる闘志」柴原翼勤労推進主任とそろい踏みである。

若手の先生たちも加わり、駅前の自転車の整理と挨拶運動に取り組んでいただいていた。

学校への帰り道で、道ばたのゴミを拾いながら歩いている先生たちを見つつ、感動する吾輩であった。

朝の小さな感動、1日分のエネルギーをいただいた気分であった。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R2 1/15

中学校入試の際にも申し上げたが、私立学校にとって「生徒募集」というのは、ある意味、世間様からいただく「評価」「成績表」と言っても過言ではない。

もちろん、学校に対する評価軸、成績基準というものは、ひとつではない。

しかし、生徒さんがいてこその「学校」であることは間違いないわけである。

そして、「生徒募集」は、とにかく、受験していただかなければ始まらない。

ということから考えると、先般の「中学校入試」にしろ、本日の「高校入試」にしても、「長崎日大」にとって、非常に重要な意味を持つわけである。

朝早くから、各中学校の先生方や保護者様、さらには、塾の先生方に伴われて、たくさんの生徒さんたちに、ご来校いただいた。

この光景を見ているだけで嬉しい。いや、嬉しいというよりも、ありがたい。

ご縁があって、ご入学いただいたならば、「長崎日大に来てよかった。」と思っていただけるように、鋭意努力しなければと思う吾輩であった。

受験生の皆さん、保護者様、先生方、お疲れ様でした。

本当にありがとうございました。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!