二学期始業式を実施しました

 

「二学期始業式を実施しました」

 

8月26日(月)いよいよ長崎日大の2学期がスタートしました。始業式の中で、池内校長はこの夏に全国大会に出場した部活動の健闘を紹介しました。インターハイに出場した部活動はサッカー部、柔道部、空手道部、陸上部、ゴルフ部です。中でも柔道男子個人81キロ級老野祐平君の全国準優勝、陸上部廣田麟太郎君の全国3位入賞、中学陸上部宮崎さんの全国3位。また、文化面では放送部の寳藏寺花映さんが、NHK杯全国高校放送コンテストで準優勝と、好成績が多数報告されました。快挙の知らせに体育館は大いに沸きました。

さらに中学校は県中総体において柔道部、陸上部女子・空手道部女子が3本の優勝旗を獲得しました。また、陸上部の宮崎叶和さんが全国3位という素晴らしい結果を残すなど、本校は例年にも増して熱い夏になりました。この部活動の大活躍に対して「中学・高校ともに、保護者や卒業生、長崎日大に関係するすべての人たちに、元気と勇気と感動をもたらしてくれました。」と健闘を讃えました。

その後、さらに池内校長は全校生徒に対して「2学期は文化的な活動が多い学期です。長崎日大がひとつになって、その素晴らしいパワーを集結させる行事において、校訓のひとつである「創造」の精神を存分に発揮してください」と延べ、最後に自分を成長させるポイントとして「落ち着いた校内・校外での生活態度」「目的意識を持った緊張感ある授業態度」「昨日よりも今日、今日よりも明日と日々の成長を実感できるようなひとりひとりの取り組み」の3点の実現を生徒に提言して締めくくりました。

柔道男子個人81キロ級で全国準優勝を果たした老野祐平くん(高校3年)

 

陸上3段跳び種目で全国3位に入賞した廣田麟太郎くん(高校2年)

 

 

NHK杯全国放送コンテスト全国大会に出場した寶藏寺花映さん(高校2年)

 

陸上女子100mハードルで全国3位に入賞した宮崎叶和さん(中学2年)