3学期始業式を実施

「3学期始業式を実施」

 

 1月9日(火)第一体育館にて3学期始業式が行われました。力野孝典校長の挨拶では、目標を忘れずに実現に向けて努力を続けることの大切さについて語る中で、昨年、2020年東京オリンピックサッカー日本代表監督に就任した本校の卒業生である森保一さんの中学時代から現在に至るまでの様々な逆境を乗り越えてきたエピソードを紹介し、『目標に向かう中で「出来ない理由」や「報われない不平不満」を並べるのではなく、逆境に直面した時に「自分に足りないものは何か」「どうすれば1パーセントでも勝ちに近づけるか」を考え、あきらめることなく努力を続けたものに道はひらけるものである』と決意を貫くことの大切さを生徒たちに伝えました。生徒たちは、新たな年の始まりと、学年の締めくくりに向けて改めて気持ちを引き締めていました。

 

 その後、肥田至誠推進主任より「2018 チャレンジ日大 前へ!」と題し、講話がありました。今回は「チャレンジ日大 前へ!」という題です。51周年のスタートにピッタリの内容でした。今年も、主任自ら元旦からの学園の様子をレポートしていただきました。元気いっぱいの部活動、気合いの入った「高3センターゼミ」など、生徒も身近な話題に笑顔で見ていました。中でも「世界を見つめる柔道部」というコーナーでは、松本太一監督から生徒へのお年玉という題で「伸びる秘訣!」を伝授していただきました。秘訣は「素直!」熱いメッセージを伝えていただきました。後日「伸びる秘訣 それは素直」という題で特集を組みたいと思います。そして、生徒や先生達から、今年にかける「夢」や「目標」を動画で紹介されました。

さいごに、野上理事長先生から次のような温かいメッセージが届けられました。

皆さんのおかげで、長崎日大も小さな川から大河に成長することができました。大河に続く大海原!次の100周年に向けて勇気を持って船出してください。

そして今年は戌年です。生徒の皆さん「ワンデイ ONE DAY!」「ワンチャンス ONE CHANCE!」日に日に新たに努力すれば、きっといつかチャンスが訪れます。そのチャンスをつかんでください。私たちは全力で「ワンサポート ONE SUPPORT!」します。全力で「チャレンジ日大」をサポートします。安心して前へ踏み出してください。ともに「生徒が主役の学園」をさらに進化させましょう。

 

2018年の至誠テーマは「チャレンジ日大」です。今回の講話で、生徒のみなさんは「夢を持って生きていこう!」と強く決意してくれたことと思います。