健康安全マナー講話 

健康安全マナー講話 「薬物乱用防止セミナー」 

 

至誠推進部は「健康・安全・安心そして気持ちよく」をテーマに、質の高い生活空間を日々創造しています。今回は長崎大学薬学部名誉教授の髙橋正克先生をお迎えして、今秋「薬物乱用防止セミナー」を開催することができました。

専門家のお立場からわかりやすく薬物乱用の実態と、その怖さについてしっかり教えていただきました。そのなかでも印象的だったものをひとつご紹介いたします。

「コカイン虫」のお話しです。乱用の繰り返しによる慢性的な症状として、幻覚や思考の異常、精神錯乱、なかでも「コカイン虫」という症状があると教えていただきました。その名の通り、体中を小さな虫に這い回られるような気味の悪い感覚です。ことに皮膚と筋肉の間に虫が走る感覚がし、皮膚が裂けるまでかきむしらずにはいられない状況に陥るという怖ろしい症状です。このお話しを聞いて、絶対に危険な薬物には触れないぞ!という決心がつきました。

さいごに、次のような熱いメッセージをいただきました。

薬物乱用にならないために自分を大切に、そして自分を大切にしてくれる家族、そして友達を大切にしてください。そして幸せになってください。時空のご縁に感謝しますという、温かいお言葉を学園に残していただきました。

大切と言ってくれる友達 大切と言ってくれる家族 そして大切さを教えてくれる先生方

まさに「時空を超えたご縁」を深く感じた土曜セミナーでした。髙橋先生ありがとうございました。

 

 

服部孝彦教授による講演会のお知らせ

 「2020年度から大学入試が大きく変わる!」そんな言葉ばかりが先回りして、不安を感じている児童生徒や保護者の皆様も多いことと思います。また、小・中・高の教育現場からも「何を、どう指導していけば良いのか」との戸惑いの声がたくさん聞かれます。
そこでこのたび長崎日大では、本校GEPアドバイザーの服部孝彦博士(大妻女子大学・同大学院教授、早稲田大学講師)をお招きし、「英語入試の今後の動向」について講演いただくことにしました。同様の講演を首都圏で数多くこなされており、保護者の方や英語4技能検定試験について詳しく知りたい方にとっては、有益なものとなることでしょう。服部先生との質疑応答の時間も予定しています。

 

 【一般対象】(小中学校の先生方もご参加ください)

「2020年度大学入試の行方」
10月14日(日) 15時~17時
会場:本校ビジュアルホール

 【長崎日大中保護者対象】

「クリエイトコースの英語教育~GEPと受験指導の方向性~」
10月15日(月) 14時~15時30分
会場:本校ビジュアルホール

 

どちらも受講料無料です。事前申し込みも不要ですので、皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

防災・避難訓練を実施

「防災・避難訓練を実施しました」

 

14:40防災訓練開始!!

1号館3階にて火災発生という想定のもと、全校生徒が一斉にグラウンドに避難しました。

グラウンドでは、災害発生の非常事態に備え、迅速・安全に避難行動がとれるように、非難の方法や避難経路及び集合場所などについて生徒、教職員全員で確認しました。

 

消火作業の実演をする教職員・生徒代表。

 

 

テーブルマナー講習を実施

テーブルマナー講習を実施

「食は思いやり、人を良くする文化」というテーマでテーブルマナー研修を企画しました。この研修をとおして食事を美味しくいただくためには、まわりのことを考える思いやりの気持ちが大切だということを学んでほしいと思います。そして、気持ちよく食事をすることで、未来を切り開いていくための力の一つであるコミュニケーション能力を高めていってほしいと思います。

 本校卒業生にはサッカー日本代表監督森保一さんをはじめとして、スポーツ・文化・芸術の世界で幅広く活躍している先輩がたくさんいます。これから在校生の皆さんも世界のどこかで活躍していくことでしょう。そのとき高校時代に経験したこのテーブルマナーを思い出し、楽しく過ごした級友の顔を思い浮かべ懐かしく感じる日があると信じています。今回、講師を務めてくださった方は本校の卒業生です。会場は天皇陛下が、ご宿泊になった伝統ある諫早観光ホテル「道具屋」様です。みんなの記憶に深く残るテーブルマナーになったのではないでしょうか。

 

スクールバスで「ホテル道具屋」さんに到着。

 

 

 

講師の上村弘一様