1学期終業式

「1学期終業式を実施しました」

 

 

 7月20日(木)中学・高等学校の終業式を実施しました。今回は、放送部と生徒会の全面協力で、全校放送という新しい形で終業式をさせていただきました。エアコンの効いた涼しい教室で、気持ちよくしっかりと話が聞けました!生徒にはとても好評で、大会表彰もしっかり行うことができました。

式の中で、力野校長は高校三年生に向けて「夏を制するものは受験を制す」という言葉を挙げ、夏休み期間中、苦手分野の克服など、進路実現のために悔いの残らないよう邁進してくださいと励ましました。

その後、本校から世界へ羽ばたく3名を紹介されました。一人目は、今年8月にブタペストで開催される柔道世界選手権2017の日本代表に選出された永瀬貴規選手(卒業生)。二人目は、今年8月にサンティアゴで開催される世界カデ柔道選手権大会に日本代表に選出された桂 嵐斗選手(2年生)。三人目はクロアチアで開催される世界ジュニアオリンピックにアメリカ代表として出場する二コー・グティエレヅ選手(3年生)。この3名の華々しい門出に対して「長崎日大の誇りであり、日本の誇りであり、アメリカ合衆国の誇りです。どうか一戦一戦悔いのない試合をしていただき、自分が納得できる試合になるよう期待しています。」と力強く激励しました。

                      

終業式の挨拶をする力野校長

 

 

その後、至誠推進講話がありました。

1学期は感動日大!クリエイト日大!そのためのプラス言葉とマイナス言葉という題で語り続けてきました。皆さんのおかげで、学園は今日も温かい言葉で優しさにあふれています。言葉というのは生きていくうえでとても大事なものです。聖書の中にも「はじめに言葉ありき」と書かれています。また、「木は光、人は言葉で育つ」と言われます。プラス言葉で紹介してきたものに「ありがとう」「おかげ様」「お疲れ様」「お互い様」など、とても響きのよい言葉がありました。

今年は、ある人の最後から、最高のプラス言葉を教えていただきました。それは「愛してる」という言葉です。このフレーズは皆さんもよく知っている、天国に旅立った小林真央さんが残してくれた言葉です。会見で涙する海老蔵さんの姿は皆さんの記憶にも深く残っていると思います。最高のプラス言葉、それは「愛してる」ということをしっかり胸に刻んだ瞬間でした。  

さて、いよいよ新校舎への引っ越しです。旧校舎に感謝、新校舎に期待をこめて、本校が歩んだ50年という道のりを振り返っていただければ幸いです。本校には、菅先生率いる放送部が、長い時間と万感の想いをこめて作ってくれた名作ビデオがあります。皆さんにはこの作品をぜひ観てほしい!そしてこの校舎がみんなと一緒に歩んだ時代を、しっかり胸に刻んでほしいと願っています。その中には、在りし日の創学者永田菊四郎先生の元気なお姿も残されています。スクールバスに手を振るお姿、微笑みながら記念植樹をされる優しい眼差しなど、貴重な映像が走馬灯のように映し出される素晴らしい作品です。旧校舎が温かく強く支えてくれた過去と、新校舎が君たちとともに歩む温かい未来を感じていただけると思います。そして、旧校舎が君たちに伝えたい「愛してる」という言葉をきっと感じる瞬間があると信じています。

さいごに、新校舎建設で一番ご苦労された野上理事長先生から次のような言葉をいただきました。

「新しい校舎で気持ちよく学んで、個性を伸ばし、幸せの花を大きく咲かせてください。そして、次の100周年まで大切に使ってください。次の100周年の未来の曲がり角を、私は見ることはできません。そこで、君たちにお願いしたいことがあります。この50周年をしっかり見届けた君たちが、次の世代のリーダーとして、日大を愛あふれる光ある未来に導いてください。次の世代を生きる君たちが、この新校舎とともに素晴らしい100周年を迎えてください。」

 

それでは、平成29年夏が君たちにとっても、そして50周年を迎える日大にとっても、記憶に残る感動的な夏になってくれることを心から祈っています。

 

 

 

毎夏恒例の学習合宿がスタート!

7月25日から毎夏恒例の学習合宿が始まりました。

1・2年生約500名が、雲仙市小浜町の各旅館を貸し切って、

1日10時間の学習に挑みます。

1年生は初めての合宿で、期待と不安の初日を迎えましたが、

学習のペースがつかめないなりに、真剣に机に向かう姿がみられました。

約一週間の合宿。

7月31日からは3年生と中学3年生も行う予定です。

 

情報マナー講話

「情報マナー講話を実施しました」

 

大反響の至誠推進情報マナー講話第2弾!はなんと!LINEから!

10億人ユーザーへソーシャルゲームで世界に感動を与え続けているGREE様の今年第1弾!情報マナー講演に引き続き、第2弾!はなんと!日本国内産アプリとして最高の実績を残すLINE様からご講演をいただきました。両講演とも引く手あまたの抽選の末、ようやく引き当てた貴重な講演です。相変わらず至誠推進主任のくじ運の強さにはビックリさせられます。よくやった肥田主任!教師の鑑!

註:毎回購入している宝くじでは全く当たらないとのことでした(笑)

今回はワークショップという対話形式で、終始笑いに包まれた講演でした。講師の山本香織様の軽妙なトークと、工夫された演出で生徒も話に夢中になって質問に手を挙げていました。とくに生徒同士でキャッチボールをさせるチャプターでは、ボールを受け取る相手が同級生の場合、おばあちゃんの場合など様々シチュエーションでボールのやり取りが行われました。相手の年齢、体調に気遣いながらキャッチボールするように、LINEやツイッターを利用するといいですよと教えていただくなど、実体験を通して納得の講話に、さすが!よくわかった!と安心の声が寄せられました。

 

さいごに、ネットトラブルを起こさない一番のコツは「相手を思いやること」そのために、この写真は公開していいのかな?この書き込みは大丈夫かな?クリックする前にチョットだけ考えてほしいと教えていただきました。親切に温かい雰囲気でよくわかる講演を私たちのためにご提供いただき本当にありがとうございました。

今年の至誠のテーマは「クリエイト日大」つまり考えることです。そこで、主任からありがたいコピーをいただきました。

クリックする前にクリエイト!

創立50周年記念講演を開催しました

 

 

「創立50周年記念講演を開催しました」

  

 平成29年5月24日(水)6・7校時に50周年記念講演が実施されました。

 日本旅行様のご尽力により、講師としてスペースシャトル・チャレンジャーに搭乗したJON AMcBRIDE(ジョン・A・マクブライド)氏をお招きしました。

 講演の内容は、人類の宇宙飛行の来歴に始まり、歴代の宇宙飛行士の紹介、シャトルや施設の説明、訓練の内容など多岐に渡りました。中でも実際の離陸の瞬間の映像は壮観で、轟音や火花、燃料タンクの切り離しなどに圧倒されました。

 講演の後は質疑応答に移りました。質疑に参加してくれた生徒には、切り離しの際のパーツから作ったメダルがプレゼントされるとあって、積極的に手が上がり、英語で質問する生徒もたくさんいました。

 人間が宇宙に行くのは生易しいことではなく、膨大な研究や訓練の上に成り立っています。それを専門的な用語で小難しく紹介するのではなく「勉強、勉強、勉強」「練習、練習、練習」と日本語も交えながらとても印象的に語ってくれました。実際に、ジョン氏は離陸の練習を1000回ほど繰り返したそうで、偉大な宇宙飛行も人間の誠実な仕事に支えられているということが分かりました。質疑の中で、宇宙飛行士になる上で大事なことは、自分の目標となる人物を目指して懸命に努力すること、とおっしゃっていました。生徒たちも自分の将来の夢を実現させる上で貴重なメッセージになったことと思います。

 現在宇宙に関連する事業は火星探査に向けて動いているそうです。その対象となる年齢は8歳から18歳だそうです。この講演を聴いて、未来の宇宙飛行士がこの長崎日大から誕生する日も近いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

新入生歓迎遠足

新入生歓迎遠足

 

 

 5月22日()歓迎遠足が実施されました。今年度、3年生は県立百花台公園へ、1・2年生はコースごとの場所(クリエイトコースは津久葉公園、デザイン美術科は諫早公園眼鏡橋、アカデミーコースはなごみの里、プログレスコースは諫早総合運動公園)にそれぞれ分かれ、快晴の春の一日を自然の中でのびのびと過ごしていました。

 運動公園ではクラスを越えて生徒同士が交流する姿も見られ、高校生として最後の遠足になる3年生は百花台公園までスクールバスで向かい、そこで記念写真撮影をするなど、楽しい時間を過ごし、みんなの笑顔があふれる一日になりました。