陸上部 日本一の快挙

 

陸上競技部 日本室内選手権大会 快挙達成!! 

                        U20男子三段跳び   廣田麟太郎選手 優勝

          U16女子60mハードル 宮崎叶和選手 優勝(日本中学校新記録)

         

2月1日・2日の二日間で日本室内選手権が大阪市の大阪城ホールで行われ、本校2年廣田麟太郎君がU20男子三段跳びに出場し、見事日本一を勝ち取った。快挙は高校にとどまらず、中学校からは2年の宮崎叶和さんがU16女子60mハードルに出場し、日本中学校最高記録を塗りかえて優勝した。

笑顔で表彰台に立つ宮崎叶和さん

 

本校からは3人が出場。3人でサポートし合って大会を乗り切りました。

 

廣田麟太郎くん↑

 

 

宮崎叶和さん↑

 

長崎新聞の記事

左)宮崎叶和さん 右)本校陸上競技部佐伯監督のご長女の舞子さん

 

 

陸上部 男子総合優勝!!

陸上部

「県新人大会25年ぶり 男子総合優勝!!」

「良き競技者たる前に良き人間たれ」を目標に日々練習に励んでいます。部員全員が明確な目標を持ち、前向きに練習に取り組む姿が長崎日大陸上部の特徴です。主な活躍は1年の廣田麟太郎くん(長与二)が三段跳と走幅跳で、伊達美祈さん(国見)が走高跳でそれぞれインターハイに出場、廣田くんは1年生では唯一決勝に進出するなど健闘しました。また、県新人大会で25年ぶりとなる男子総合優勝を果たすなど、大きく飛躍しています。

 

  

陸上競技 県新人大会で上位入賞

91416日に長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場にて開催された、平成24年度長崎県高等学校新人体育大会 陸上競技にて、長崎日大陸上部の岸川勇君(1年)が男子8種競技で2位、110H3位に、また、吉田尚央さん(1年)が400H2位になるなど、上位入賞しました。

 

男子8種競技

 

2位 岸川勇(1年)

 

記録471911.98-6m02-8m83-52.89-16.33-35m51-1m79-4:40.21

 

 

 

男子110H

 

3位 岸川勇(1年)

 

記録16.05

 

 

 

女子400H

 

2位 吉田尚央(1年)

 

記録1:06.90