2019.12.4 課題いただきました

池内校長がことちか日記でも取り上げていますが、やはり国語科の教員としてこの話題をスルーするわけにはいきません...

OECD学習到達度調査 高1読解力15位に低下

確かに「読めないなぁ…」と実感することはありますが、前回8位からこれほど下降してしまうと、看過できない問題です。文科省の分析によれば、【根拠を示して考えを述べる力】【情報の真偽を見極める力】などの正答率が特に低く、これらが影響して相対的な順位が下がっているのだそう。私はその分析を読んで、共通しているのは、自分の判断が必要な点だと考えました。

自分はどう考えたのか、そしてそれは何を根拠に持った見解なのか、何を信じ何を疑うのか...こういったものは全て、読解や情報分析の中から自分で見出さなければいけないものです。いわゆる従来型の「次の文章を読んで後の問いに答えよ」といった演習を通して、筆者はこう考えている。(なぜなら)筆者はこう書いているから。といった確認作業を繰り返しているだけでは、自分の判断力は身につきません。「で、キミは?」がその学びの先にないことには、いつまでたっても伸ばせない力といえます。アクティブラーニングは、まさにこの力を定着させるための手法であり、ただ机を寄せ合って「筆者は何と言ってる?」とグループでまとめ直しをして「集団で学び合った...」と満足しても、本来育みたい要素は上向かないと思います。

今回の結果は、我々国語教師に大きな宿題を投げかけてくれました。この調査がコンピュータ(CBT)を用いて行われたこともあり、文科省は「パソコンでの出題に不慣れだったことが一因と推測。子ども1人にパソコン1台の学習環境を整える政府方針を進めることで挽回できる」と微妙な(?!)フォローをしています。しかし、事はそれほど簡単なことではありませんし、そこに原因を押し付けては”教員の名折れ”です。

日々の授業を通して何とか打開策を見出していきたいし、そこに向かって挑戦し合える「長崎日大のS&T」でありたいものです♪