2019.9.2 大きな実験室♪

先週末に、総合的な探究の時間の一環として、高1対象の第5回キャリア教育講座を実施しました。

この日の特別講師は、日本大学工学部生命応用化学科教授の奥山克彦先生!今回は「理系のすすめと小さな実験」と題して、80分にわたってご指導いただきました。先生は、本校が毎年夏に行う高3対象の学部説明会に何と”12年連続”でお越しくださっています。日本大学の中でも、長崎日大を知り尽くした先生とも言うべき存在です。前半は、理系学問の魅力や、今後ますます理系関連の企業が活性化され求職にも良い影響をもたらすという「理系のすすめ」のお話しでした。ただ、それだけに終わらないのが奥山先生流で、「とにかく、自分の夢を持ってほしい。自分で自身の未来予想図を描いてほしい!その夢は、どストライクでは叶わないかもしれない。けれど、夢を見続けて努力を重ねれば、そこに近いところまで到達できる。自分もそうやって、今こうしてキミたちの前に立つことができている。夢を先細りさせるな☆」と、生徒に熱く語りかけてくださいました。

後半はお待ちかねの「実験TIME」!液体窒素などを使った実験を、生徒の前で見せていただきました。350名以上の生徒が見ている前での実験です。先生も、こんな機会はなかなかないよ♪と楽しみながらやれたとのことでした。全員に伝わるように、iPadのカメラ機能で先生の手元や器具を拡大して撮影し、スクリーンに投影しました。ですから、この実験を一番特等席で見ることができたのは、実は私です(笑)扱い方によっては危険であることもきちんと生徒に説明しながら、量・方法ともに充分に配慮していただいた実験でした。ですから、生徒たちも安心して、興味津々な表情で実験の様子を見学していました。

体育館は、さながら大きな実験室。大学教授がここまでしてくださる(器具の一部は工学部からわざわざご持参くださいました)なんて、付属校ならではだと思います。本物を見て、貴重な話やアドバイスを聴いて、生徒たちはより理系領域に対する理解と関心を深めたことでしょう!