2019.8.26 2学期始まる☆彡

長い夏休み期間が終了し、長崎日大の2学期がスタートしました☆彡これを機に、進路ブログも元気に再開したいと思います!まずは、池内校長の話をご紹介します。

皆さん、おはようございます。久しぶりに皆さんの元気な顔を見て、2学期という新しい出発の時が来たなと実感しています。

今年の夏も、連日、35度を大きく超える猛暑が続きました。本校が修学旅行で訪れるシンガポールでも、赤道直下にもかかわらず、平均最高気温は、31度ですから、近年の異常気象が分かると思います。お盆の時期に上陸した台風もありました。また、数年前によく耳にした「ゲリラ豪雨」という言葉も、今年は毎日のようにニュースに流れていました。そのような中、生徒の皆さん、先生たちに大きな怪我や病気、事故なく、夏休みの期間を過ごしていただいたことを、私は何よりも有り難く感じています。

さて、本校は、例年通り、生徒の皆さんの頑張りにより、熱い夏になりました。また、この後に報告と表彰がありますが、夏休みの始まりとともに、野球部の準決勝における全校応援がありました。

延長タイブレークの末、惜しくも敗れはしたものの、高校総体のサッカー部に続き、全校応援の機会を作ってくれたサッカー部・野球部の皆さんに心から感謝します。時を同じくして開催された中学校の県中総体では柔道・陸上女子・空手女子となんと3本もの優勝旗を獲得してくれました。また、インターハイなどの夏の全国大会に出場した、サッカー部、柔道部・空手部・陸上部、ゴルフ部の皆さん、本当にお疲れ様でした。特に、柔道部老野くんの全国準優勝、陸上部の廣田くんの全国3位入賞、中学校の陸上部宮﨑さんの全国3位は本校のみならず、長崎県全体が誇れる快挙であると思います。そして、中学校柔道部の全国大会出場や中学校陸上部女子の九州大会総合優勝は、日大中の歴史を変えるほどの非常に喜ばしいことだと思います。

文化部の活躍も素晴らしいものがありました。放送部ほうぞうじさんのNHK全国放送コンテストにおける全国準優勝、吹奏楽部の県大会金賞からの九州大会出場、コーラス部森くんの県高校コンクール金賞からの全日本高校声楽コンクール出場など、その他にも多くの好成績を残してくれました。

これらの活躍は、中学・高校ともに、保護者や卒業生、長崎日大に関係するすべての人たちに、元気と勇気と感動をもたらしてくれました。参加した生徒の皆さん、また、指導して下さった先生方、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

さて、学習面におきましても、連日の進学講座や、学習時間が1日10時間にも及ぶ学習合宿を乗り越えた皆さんに対しては、自分の進路実現に向けて、こつこつと努力を積み重ねていったその姿勢に敬意を表したいと思います。進学講座が実施される中、運動部・文化部ともに、部活動では、学校内外での猛練習が続いていました。デザイン美術科もデッサン強化ゼミやそれぞれの公募展出品作品の制作に挑戦していました。自習室で真剣に問題集に取り組む生徒たちの姿、職員室前で先生に質問をしつつ、必死で学ぼうとする姿が見られました。

この夏休みの間、私は毎日学校に来ていましたが、生徒の皆さんがいない長崎日大はなかったと言ってよいほど、毎日毎日何らかの形で一生懸命頑張っている生徒の姿がありました。それぞれが異なる方向ではあるかもしれませんが、それぞれに目標を掲げて努力を続けていく。そしてその尊さを互いに理解し、認め合うのが長崎日大の最大の魅力です。ここにいるすべての皆さんの夏の頑張りに敬意を表したいと思います。この夏に積み上げてきたものは、必ずこの秋以降に結果として現れます。部活動においては、秋からの大会が始まります。また、ここにいる全員が、直近の実力考査や中間考査、10月末の進研学力テストなど校内・校外のテストに対して、目標とする数値と目的意識を明確にして、夏の頑張りを活かす取り組みを続けてみてください。

本日から始まる2学期は、桜菊祭、デザイン美術科の県展や卒業制作展、芸術鑑賞会、修学旅行など、文化的な活動が多い学期です。長崎日大がひとつになって、その素晴らしいパワーを集結させる行事や今校訓のひとつである「創造」の精神を発揮する行事が続きます。どうか、それぞれの場面において、お互いの努力を認め合い、前向きな気持ちを忘れずに、自分を成長させてくだい。

さて、高校3年生は、早いところはAO入試が始まっており、就職試験、続いて大学の推薦試験・日本大学基礎学力到達度テスト、そして1月には大学入試センター試験・一般入試と続いていきます。最後の最後まで、決してあきらめることなく、卒業式の日に、高校3年間、中高6年間を振り返り、「長崎日大で頑張ってきてよかった」と心底思うことができるような過ごし方をして欲しいと思います。そのためには、一人で悩んだり、混乱したりすることなく、ご家族の皆様とよく話し合い、担任や周囲の先生方へも遠慮無く相談し、悔いのない進路選択、そして進路実現を果たすことが必要となります。長崎日大全員が、皆さんを応援しています。

高校2年生以下の後輩の皆さんは、学園の落ち着いた環境創りに協力していきましょう。学校行事や日常生活における元気の良い、楽しい盛り上がりも大切ですが、高校3年生の先輩たちにとっては、この2学期が進路決定のための重要な時期になるんだということを考えて協力してください。これもまた、長崎日大が、ひとつになって取り組むべき大切なことです。

最後に具体的なお願いをします。3点あります。まず、①落ち着いた校内・校外での生活態度。次に、②目的意識を持った緊張感ある授業態度。最後に、③昨日よりも今日、今日よりも明日と日々の成長を実感できるようなひとりひとりの取り組みです。この3つは、皆さんを輝かせるための重要なポイントだと考えてください。そして、繰り返しになりますが、長崎日大を輝かせるのはここにいる全ての生徒ひとりひとりの「魅力ある自分を創っていこう」とする心がけなのです。

皆さん全員が長崎日大の主役だということを忘れずに今日からの2学期に臨んで欲しいと思います。よろしくお願いします。

文章を読んでいただいても分かるとおり、かなりボリュームのある内容でした。元気に集まった長崎日大の生徒たちは、しっかり池内校長の方を向き、まだまだ暑い体育館の中で集中して聴き入っていました。2学期に向けた決意と覚悟が感じられ、頼もしく見えました。画像をご覧いただいてお気づきかと思いますが、この夏、全国・九州レベルでの大活躍の知らせが続々と届きました。その勢いそのままにスタートした長崎日大の2学期!更に活力のある2学期となるよう、みんなで頑張っていきましょう。