2019.8.1 スゴイ先生!

8月に入りました。葉月のスタートと同時に、この日中学2年生を対象に「SSL(スーパーサイエンスレクチャー)」が行なわれました。

本校生の理数系や自然科学に関する興味関心を育てたい、そんな目的で継続的に実施している中2恒例のイベントは、日本大学理工学部の安田陽一教授が指導してくださっています。

郡川の河川を研究するために、専門家を日本大学からお招きする。まさに、中-高-大連携教育という”日本大学付属校”の強みを活かした実践研究なのですが、実はこの安田先生、ものすごい先生なのです!2013年5月、安田教授はアメリカ土木学会の「水理学討議論文最高賞」(The J. C. Steavense Award)を受賞しました。2005年にも先生は同賞を受賞しており、この賞を2度にわたって獲得した研究者は、世界でも安田教授ただ1人です。「河川の水の流れについて、そこに生息する生き物の視点に立って、その生態系保全のために物理環境はどうあるべきかを研究する。」平たく言えば、先生が専門としておられる水工水理学とはそんな学問・研究領域であるとのことです。それを、何年にもわたって本校の中2を対象に分かりやすく実地研究としてご指導いただいているわけですから、有り難いことこの上ありません。

関東の大手予備校・学習塾のサイトでも、Good Professorとして紹介されている安田教授(左上画像は「早稲田塾」様HPより)。先生をはじめ、権威ある偉大な教授陣が、年間を通して長崎日大を訪れてくださいます。1回1回の機会を、大切にしたいですね♪