2019.5.26 節目の歌声♪

本校コーラス部のコンサートが、たらみ図書館海のホールにて開催されました。

合唱や声楽独唱など、全18曲もの多彩なステージで、来場者を楽しませてくれました。今日も大変暑い一日でしたが、ホールの中は静かで穏やかな雰囲気に満ち溢れ、本当に心地の良いひと時を満喫させてもらいました。

毎年この時期に行われるこのコンサートは、中3・高3の卒業コンサートの意味合いを兼ねているそうです。それぞれの目標に向け、学業に専念するための区切りの舞台♪だからこそ、今日この時を、この1曲を大切にしたいという部員全員の思いが声に重なり、会場を魅了するハーモニーになったのだと思います。

顧問の大久保教頭先生は、パンフレットの表紙にこう綴られています。

大人になると学生時代の思い出が大切な宝物。
振り返った時に「あのときは…」と思い出話に花が咲くように、今、一生懸命でいて欲しい。
音楽を通じて、協力や責任感、美を感じる感性を育てたい。
めざすものはより高い「品格」です。

なるほど、とっても上品に感じられた今日のコンサートも、こういった方針を日々全うしてきた部員たちの努力の賜物であったわけですね♪

コーラス部の皆さん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました!今日引退となる7人の3年生には、これまでコーラス部で得たかけがえのない宝物を大切にしながら、個々の新たな挑戦を頑張ってほしいと思います。そして1・2年生の皆さんは、先輩方から伝統をしっかりと受け継ぎ、更に自分たちの活動に磨きをかけていきましょう☆彡学校のイベントなどでも、活躍の場面がたくさんあります。引き続き頑張ってください、応援しています♪