2019.11.29 孤高のペン

生徒の皆さん、怒らないで読んでくださいね。最近、私はDVDで「孤高のメス」というドラマを観ていました。現代医療をテーマに、自身も医師である大鐘稔彦さんが著した同名小説が先んじてベストセラーとなり、映画化やマンガ化がされていました(画像は著者ご本人のブログによります)。勿論、取っ掛かりは小説だったのですが、ドラマも観てみたいと思い、WOWOWに加入していない私はDVDがレンタルされるのを待っておりました。

公然とネタバレするのはいけませんから内容は控えますが…とても良い作品でした!おススメです。最後の方に、主役の滝沢秀明さん演じる医師に、準主役の仲村トオルさんが扮した医師がこう語りかけます。

 ― 「私のメスは打算のメスだ。でも、先生は違う。あなたのメスは、孤高のメスだ。」

カッコイイ人に、カッコイイ人が、カッコイイ言葉を贈る。そりゃ良いシーンとなるに決まってますよね♪

 〇 打算=利害や損得を見積もって勘定すること。
 〇 孤高=孤立しつつ、自らの志を守ること。また、そのさま。

出世欲や立場の保持に走らず、「命を救う」ただその一点に己を賭けた男を讃えた、この作品の本質ともいうべき部分に光を当てた名場面でした。

現在、20:30。目の前では、夜学の生徒たちが勉学に励んでいます。CR高2の一部が語学研修旅行に出ている関係もあり、今日はとりわけ高3生の姿が目立ちます。もちろん大学合格を目指した勉強であることも事実でしょう。しかし、自身の3年間あるいは6年間を全うさせたい!その過程において“受験”と向き合っている…そんな風にも感じさせる雰囲気の取り組みぶりです。

「孤高のペン」を握って今日も頑張る生徒たちに、心からの敬意とエールを!!

2019.11.28 リアル「日大生」☆

本日から、日本大学生産工学部の入学前教育がスタートしました!

千葉県にある生産工学部から、小林奈央樹先生山崎紘史先生が来崎くださり、さっそく90分×2コマの本格的な大学講義を受講しました。今日の講義は①「情報リテラシー  ~高大連携ガイダンス~」と、②「コンピュータの歴史」の2本立て!先生たちも、良い意味で遠慮会釈なしの”大学1年生に対する指導”を生徒たちに授けてくださいました。今後、卒業までに数回に分けて講義が続き、授業の成果をまとめるレポート作成へと進んでいきます。その都度、今日のように大学の先生方が来られるわけですから、付属校のメリットは絶大です☆彡

この入学前教育は、生産工学部の先生方と本校の服部先生(情報の授業を担当)が中心となって立ち上げたプログラムで、かれこれ十数年も続く定番スタイルとなっています。「長崎日大との取り組みが良いケーススタディとなり、他の付属校でも導入が進んでいるんですよっ!」という嬉しい言葉も生産工学部から頂戴しています。

しかも!なんと、この入学前教育は入学後の2単位として正式に換算されます。その分、4月に入り他の授業を履修できたり、時間的余裕が生まれたりします。生産工学部に進学することが決定した十数名の生徒たちは、ひと足早くリアルに日本大学の大学生となりました。この恵まれた環境に感謝しつつ、しっかり講義やレポートに取り組んで成果を上げてほしいと思います♪

2019.11.27 自分の世界を!

考査3日目。この日は、私も出題にあたっている教科がありました。体調を崩して休んでいる生徒はいないかな?予習は万全に進められているかな?そんなことが気になったので、自習時間を利用して教室を回ってみました。

そこで気づいたこと!

私が教室の入口から中の様子を覗いていたこと・教室に入って周りを見渡していたことに、A:すぐ気づく生徒 B:なかなか気づかない生徒 に2分されていました。絶対的な相関関係があるとまでは言い切れませんが、B:なかなか気づかない生徒 の結果(得点)が良かった印象を持ちました。

集中して勉強している生徒は、”ゾーンに入る”と言いましょうか、自分の世界を作って勉強に没頭しているように感じます。逆に、集中できていない生徒は、しきりに壁時計を気にしてみたり周りの生徒をキョロキョロ眺めてみたり...私と目が合う確率が高くなるのも当然のことですよね。

普段の授業だったら悲しくなりますが、今日みたいな時に「完全無視」されるのは本望です♪ 皆さんは、自分の世界を作って質の高い学習が行えていますか?研ぎ澄まされた集中力、ぜひ身につけてほしいものです☆彡

2019.11.26 キミの答えは?

国公立大学のAOや推薦入試、日本大学の付属校推薦制度などへの出願に関連して、最近私のもとにも出願書類の添削依頼が多数届いています。

つい最近も、ある女子生徒から「志望動機書」を見てほしいと頼まれ、預かった用紙に目を通しました。この学校の志望動機書は3項目に分かれており、うち1つがこのような記入欄になっていました。

自分の過去の成績(例えば高校の成績)が自分の能力を表していないとすれば、それはどうしてですか?

生徒の皆さん、どうでしょう...もし自分だったら、どう答えますか?何を書くことができますか?ある職業を目指そうと思った動機や理由、その大学・学部学科に行きたい理由。これらの項目は、ある程度練習を積めば書けるようになります。しかし、上記の質問に関しては単純な自己PRでは当てはまらず、よほど綿密な自己分析ができていなければなかなか厄介です。

評定や取得資格などは、「調査書」がある程度自分を示してくれます。それなりの人物評も、担任の記載項目に含まれます。そのような客観的な資料では測れない一面を、志望動機書を通して探ろうという意図が明確に感じられます。

さて、キミの答えは? 自分自身を掘り下げる良い機会になると思います。ちょっと考えてみてください♪

2019.11.25 よ~く確認!

長崎大学のHPが11月25日付で更新されています。「長崎大学における英語民間試験の活用について」として掲載されている記事には、先般話題となった英語の民間試験に関する「大学入試英語成績提供システム」の導入が延期されたことを受け、少なくとも2023年度入試までは利用する方針を撤回する旨が書かれていました。

同様の変更は国公立・私立を問わず様々な大学で行われており、長崎大学と同様に、それぞれの大学から既報またはこれから報じられていくことになります。高校2学年以下の学年については、とにかく要Checkです!!

また、緑のアンダーラインで示しているとおり、入試形態や学部学科によって、英語民間試験を活用する入学者選抜も残っています。受験対策において「知らなかった・勘違いしていた」は致命的です。各自で情報を正確に得ておくことを、とにかくおススメしておきます♪

いずれにしても、早く情報を仕入れ・早く意識を持って・早く動く!これが合格の鉄則です。

サブカテゴリ