2019.12.4 課題いただきました

池内校長がことちか日記でも取り上げていますが、やはり国語科の教員としてこの話題をスルーするわけにはいきません...

OECD学習到達度調査 高1読解力15位に低下

確かに「読めないなぁ…」と実感することはありますが、前回8位からこれほど下降してしまうと、看過できない問題です。文科省の分析によれば、【根拠を示して考えを述べる力】【情報の真偽を見極める力】などの正答率が特に低く、これらが影響して相対的な順位が下がっているのだそう。私はその分析を読んで、共通しているのは、自分の判断が必要な点だと考えました。

自分はどう考えたのか、そしてそれは何を根拠に持った見解なのか、何を信じ何を疑うのか...こういったものは全て、読解や情報分析の中から自分で見出さなければいけないものです。いわゆる従来型の「次の文章を読んで後の問いに答えよ」といった演習を通して、筆者はこう考えている。(なぜなら)筆者はこう書いているから。といった確認作業を繰り返しているだけでは、自分の判断力は身につきません。「で、キミは?」がその学びの先にないことには、いつまでたっても伸ばせない力といえます。アクティブラーニングは、まさにこの力を定着させるための手法であり、ただ机を寄せ合って「筆者は何と言ってる?」とグループでまとめ直しをして「集団で学び合った...」と満足しても、本来育みたい要素は上向かないと思います。

今回の結果は、我々国語教師に大きな宿題を投げかけてくれました。この調査がコンピュータ(CBT)を用いて行われたこともあり、文科省は「パソコンでの出題に不慣れだったことが一因と推測。子ども1人にパソコン1台の学習環境を整える政府方針を進めることで挽回できる」と微妙な(?!)フォローをしています。しかし、事はそれほど簡単なことではありませんし、そこに原因を押し付けては”教員の名折れ”です。

日々の授業を通して何とか打開策を見出していきたいし、そこに向かって挑戦し合える「長崎日大のS&T」でありたいものです♪

2019.12.3 今年のうちに...

12月3日。1-2-3と数字が規則的に並んだ一日でした。

1・2・3と言えば、日本語の”イロハ”と同じで、「押さえておきたい基本のことがら」みたいな意味を指すのにも使いますね?書店で見かけるHOW TO本などでも、「○○のための1・2・3」というタイトルを見かけることがあります。

さて、令和に変わったこの1年も残すところ1ヶ月弱。生徒の皆さんは、今年のうちに徹底すべき基本をしっかり身につけることは出来ましたか?3学期はよく、”次学年の0学期”に例えられ、先を見据えて意識して行動する大切な学期とされています。そんな3ヶ月を上手に過ごすためにも、今年のうちに固めておきたい基礎学力・基本的習慣・基礎体力・基本のテクニック...それぞれの皆さんに何かしらのものがあるはずですね!

今年のうちに培うべきもの、備えるべきこと。ぜひ妥協せず、ラストスパートをかけて追求していきましょう☆彡

2019.12.2 柔らかアタマ☆

先週終わった期末考査。中学入試でお休みだった今日を有効活用して、さっそく見直しに力を入れていることと思います。「同じ問題は二度と間違えない!」その自覚を持った復習が、皆さんを1つ高いステージへと押し上げてくれるはずですよ♪

さて、私が担当している中学2年生では「言語技術」が出題分野に含まれます。2学期終盤は、「描写」の単元で国旗の描写を学んでいましたので、今回の考査で「トルコ共和国」の国旗を描写する問題を出題しました。”描写”とは、簡単に言うと「実物を見せずに、相手が負担なく思い描けるような、言葉による論理的説明」のことです。

言語技術や描写に関する話は、今回は割愛しますが、この国旗のポイントは模様(柄)をどう話すか?です。「真ん中に白い星があって...」と切り出そうとしたアナタ。残念!ブーです。情報は【大きいものから小さいものへ】が原則ですから、星から話すのはルール違反です。私は”大きな三日月が描かれている”と模範解答を準備していたのですが、とある中2女子の中にツワモノがいました♪その子は...

大きな円の中に、小さい円が右側に接するように… と答えてきたのです。

なるほど!確かにそうとも言えるかもしれませんね。若いアタマは、こうも柔らかいものか 凝り固まっていたオジサン頭が、中2生の答案用紙によって解きほぐされていく思いがしました。

2019.12.1 入試はじまる

本校における令和2年度生徒募集のための入試が、今日行われた中学第1回入試を皮切りにいよいよ始まりました!

幸い、心配された雨や冷え込みも回避することができ、500人以上の小学6年生にスムーズに受験していただくことができました。児童の皆さん、そして保護者の皆様に、心より感謝申し上げます。そして、本当にお疲れ様でございました。

この日訪れた受験生には、様々なタイプが存在したことと思います。第1志望か併願か、自分の強い希望か親や兄弟のススメか...などなど。ただ、理由はともかくこの日に照準をあわせて計画的に学習し、一定の緊張感や時間に追われる焦りを経験しながら”入試”という非日常に挑む経験をしたことは、大きな力と成長へのきっかけとなったはずです。もちろん入試ですから結果(○・×)はつきものです。しかし、それを超越した何かしらの力が、それぞれの児童に刻まれたと信じています♪

もちろん、来春の出逢いがこの長崎日大で訪れれば嬉しいことですが、それよりも大切なことは「長崎日大の受験を通して顔を合わせた一人ひとりが、自信と希望を持って新たなスタートラインに立ってくれること」です。長崎日大生を応援するための進路Blogではありますが、今日のように長崎日大で努力の跡を懸命に発揮しようと頑張ってくれる、全ての小・中学生にエールを送ります☆彡

2019.11.30 コミュ力も大切な力!

  

高1を対象に行っているキャリア教育の一環として、4回連続の企画である「キャリアカフェ」の第4弾が開催されました。

国家資格であるキャリアコンサルタントの3名の講師陣をお招きして、自身の生き方を探る・発見するヒントを得ることを目的にしたこのキャリアカフェ。今回(第4回)のテーマは「自分と他者を知る」でした。まず、簡単なアイスブレイクをした後、「好き&得意なことシート」を使って、A~Dブロックのうち自分がどれにあてはまるかをチェックしました。普段意識していない自分を、あらためて掘り下げてみる機会をそれぞれ得ることができました。

そして、そこまで終わったところで左上のスライドのように、講師から指示が出ました。
「自分のブロックとは違うブロックの人(AならB・C・D)を3人とも探して、お互いのエピソードを対話しましょう!」

しかも、「他のクラスの人」「できれば一人は異性」の条件に、私から「原則、他のコースの人」のルールを追加しました。右上の画像は、講師の先生の「よーいスタート☆彡」の合図で一斉に動き出す1年生の様子です。

 

どうなるかと見守っていましたが、他コース生や異性にも積極的に話しかけ、コミュニケーションを取ろうとする姿があちこちで見られました。また、左の画像のYシャツ姿の彼のように、自分のブロックを大声で示している生徒もいました。なかなか集めきれずに困っている人をサポートするために、”自分に話しかけてきて!アピール”を故意にするファインプレーです☆彡

こういった、学力だけでははかりきれない”生きる力”を、今年度の高校1年生からはキャリアカフェのたびに感じます♪これからも、大切に育ててほしいですね。

サブカテゴリ