2019.4.8 高2から始まる入試!

4月17日(水)に高校1・2年、18日(木)に高校3年を対象として、日本大学付属高等学校等基礎学力到達度テストが実施されます。今回は、このテストの意味合いについて少し説明します。

このテストは

「日本大学付属高等学校等に在籍する生徒を対象として(中略)生徒一人一人が高校1年生から学ぶ意義を理解するとともに、主体的に学習する姿勢を持ち続けながら、基礎的な知識の習得とそれを活用する思考力、判断力、論理力等、総合的な能力の向上を図り、高校3年生で本学付属生として求められる基礎学力の定着を目的とする」

と定められています。「日大」を冠した学校に通う生徒たちが、入学後に確かな学習の軌跡を残せているか?それを、全国26校ある付属高等学校等で「同一時間・同一問題」の試験を実施することで確認するための試験といえます。そしてもう1つの目的があります。それは、共通のモノサシとして付属校推薦の入試に利用することです!

高校2年生<国語・数学・英語>=4月  20%
高校3年生<国語・数学・英語>=4月  20%
高校3年生<国語・数学・英語>=9月  60%

高校3年生<地歴公民 o r理科> =9月 100%

の各回の結果を総合成績として集計し、この評価が高い順に志望学部・学科への推薦を受ける権利が確定していきます(この選別を「セレクション」と呼びます)。そう考えれば「基礎学力到達度テスト=大学入試」と言っても決して過言ではなく、勝負は高2から始まっていることになります☆彡

《セレクションのイメージ》*各学部・学科を定員1名と仮定
 学生A 成績285 ①法ー法律 ②経ー経済 ③商―経営
 学生B 成績280 ①法ー法律 ②経ー経済 ③商―経営(①は学生Aに決定済み)
 学生C 成績275 ①経ー経済 ②法―法律 ③志望なし(①②とも学生A・Bに決定済み)
 学生D 成績270 ①経―経済 ②商―経営 ③法ー法律(②は上位希望がなくOK)
 学生E 成績265 ①商―経営 ②経―経済 ③法―法律(①~③全て上位学生に決定済み)

といったように、志望順位(①~③)が幾ら高くても、あくまで選抜は「成績順」となります。やはり高2から1点でも多く積み上げていくことが大切です☆彡

長崎日大では、3学期後半から対策問題集やプレテストを用いて学習を重ねています。あと10日、できる準備をしっかり重ねていきましょう!

2019.4.7 進路指導Blog 『CanDo』

新校長☆池内一郎先生が、新年度最初となる1学期始業式で所信表明を兼ねた話を行ないました。その中で、目指す学校像の筆頭に、
チーム日大として感動を共有できる学校
を掲げられました。

学校行事や仲間と過ごす日常生活など、在学中の”感動”は多々あります。しかし、長崎日大から自分の未来につながる大きな感動と言えば、やはり「進路実現」が欠かせません。

(ちょっと強引ですが...)感動をローマ字読みすると「Can Do」。Can Doには、形容詞として「やる気のある・意欲的な」といった意味があるそうです。そこで、この言葉をネーミングとして、ブログをお届けすることにしました。自身の夢を叶えることを目標に、本気で勉強・受験に取り組もうとする日大生の皆さんを、言葉の力・情報の力で応援していきますsmiley

受験情報や学習方法など、皆さんのやる気がますます高まる内容となるよう、できるだけ工夫したいと思います。進路実現への挑戦を通して、自分の成長が実感できる「感動」仲間とともに互いの努力を認め合い高め合える「感動」を味わう。その手助けに少しでも活用してもらえると嬉しいです♪

キミのやる気(CanDo)が夢を育て、進路実現の”感動”として開花します。
さぁ、頑張ろう!!

サブカテゴリ