2020.1.4 令和2年”吉”から!

『 進路blog 』も年末年始のお休みを頂いて、今日から再開となります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

令和2年も、様々な情報をお届けできるよう努めて参ります。引き続きご愛顧のほど、お願いいたします。

さて、さっそくですがこの3が日に初詣に行き、”おみくじ”を引いてきました。長崎日大の今年を占うつもりで掴んだ1枚は…。大吉の次に縁起が良いという説もあるそうですし、大吉ではない=”学校として伸びしろがある”とプラスに捉えていきたいものです☆彡

そして、おみくじでは大吉かどうかより、「何が書かれているか?」が重要とされています。今回引いたおみくじ、すっごく良いことが書いてありました。

― 成し遂げる意志を持つ
 掲げた目標や夢は、物事を進めていく上での大きな原動力となります。
苦しくとも一度決めた目標や夢をあきらめずに追い続けることで、あなた自身も成長します。何事も成し遂げる意志を持ちましょう。

教訓にして、最良の1年にしたいものですね♪

2019.12.28 嬉しいUターン♪

高3センターゼミ2日目。今日も夕方まで頑張る高3生の姿がありました。

指導にあたってくださった先生方をはじめ、本校教職員も明日からは年末年始の休暇を取らせていただきます。今日は土曜でしたから、ひと足早く休みに入った方々のUターンラッシュも、この2日間辺りに激しくなりそうな気がします...

そんな中、私の元にも嬉しいUターンがありました♪第1弾は11:00を過ぎようかという頃、生徒会執行部&応援団として共に頑張った思い出深い卒業生の訪問でした。MHPSに勤務する彼も、もう30歳。玄関前で久々の対面を果たすと、9ヶ月の男の子を抱きかかえていました。県内・国内はもとより、ヨーロッパを相手にした仕事もあり忙しいようですが、すっかりパパになっていました。聞けば、同級生だった野球部(この年は全国ベスト4の快挙を果たしました!)レギュラーが来月結婚するそうで、記念映像に校歌や応援歌を挿入したいという相談でした。未だに誰かを喜ばせようと裏方に徹する、生徒会役員そのまんまのI君でした。

彼と話すこと数十分。じゃあそろそろ...というタイミングで、3人の女性陣が日大坂を登って来ました。偶然にも、上記I君と同じ時期の卒業生で、うち2人は生徒会執行部でも一緒だった「同期のサクラ」でした♪Yさんは当時の副会長で、プログレスコースから関東の私大に進学し、今は首都圏で学校の先生をしています。すっかり大人びてしまいましたが、新校舎をめぐりながらワーキャー騒ぐ辺りは、相変わらずでした。Tさん改めSさんは、入籍ホヤホヤとのこと。熊本で司法書士の補佐をする仕事をされていますが、獣医師との結婚を機に区切りを付け、寿退社をするそうです。現役の時にも、人一倍動いて男子をリードしていたっけ...旦那さん、ガンバレ!(笑)もう1人のKさんは、Yさんと同じくプログレスコース出身。松本裕輔先生が担任であったそうです。Yさんには既に1歳半あまりとなるお子さんがおられ、今日はママの母校を初見学です♪十数年後、日大中で待ってるよ~!!

そして夕刻4:00を回る頃には、今春卒業したばかりのN君が職員室を訪ねてくれました。クリエイト(旧六年制)コースのハードな学習の中、サッカー部員としても全力投球を果たした男気のあるN君。チャラさ0%のナイスガイをキープしてくれていました☆彡大学が相当に忙しいらしく、「サークルやバイトも余裕ないっす...」とボヤいていました。まぁ、何でも一生懸命にやってしまう彼なので、1年目は学業専念が良かったかと思います。これから、家族で日本代表戦を観戦するそうです!久しぶりに帰省した我が子と一緒にスポーツ観戦か…N君、グッジョブ★

長崎日大が、いつまでも卒業生の家となり帰るべき場所である。そう思ってくれることがとっても嬉しいですし、そんな学校でなければいけないとあらためて感じさせてもらいました。

2019.12.27 合格一直線!

今日から、高校3年生の「センター試験対策直前ゼミ」が始まりました!

12/27・28・1/4・5・6・7の6日間を使って、自学自習や質問対応、対策講義(選択制)にセンター模試と様々な手法で学習機会を設定するスタイルとなっています。初日の今日も、朝早くから100名を超えるセンター試験出願者が集まり、それぞれの方法でラストスパートとしての学習に励んでいました。冬独特の張り詰めた空気も相まってか、どの教室も良い緊張感に包まれ、個々の学習や指導が進行していました。

質問対応や対策講義にあたる指導陣も、高3をこよなく愛する20名を超えるスタッフが揃っています♪教科・科目のバランスも取れ、生徒に負けず劣らず「気合十分!」のようです。受験に応じたスキルを持った、これだけの面子が集まるのも、スケールNO.1の長崎日大ならでは!生徒の皆さん「頼らないという選択肢は、ないやろ~(鶴瓶風)」。

気づけば、センター試験まであと3週間。1日1日が真剣勝負です。「焦らず、しかし懸命に」「全力で、でも健康や体調管理にはくれぐれも留意して」残りの日々を全うしてほしいと思います。その先に、きっと皆さんが望む素晴らしい未来が待っていると信じて...合格一直線!!

2019.12.26 作品の心☆彡

筑波大学附属小学校で長く教鞭を取られ、現在は桃山学院教育大学の教授として後進の育成に情熱を注いでいらっしゃる二瓶弘行先生が今年も長崎日大に来てくださいました♪

中1との交流の様子は、校長ブログ「ことちか日記」に詳細に記されていますので、そちらをじっくりとお読みください。

私は午前中は他校務に追われていたため、午後に県内の小学校からお集まりいただいた70名近くの先生方とともに行った「二瓶先生と学ぶ会(ワークショップ)」から参加させていただきました。物語を小学校でどう教えるかという視点から、構造を正確に掴ませて、物語における人物の変容をもとに作品の心を把握するというゴールに至るプロセスを丁寧にご指導いただきました!

画像でも分かると思いますが、ホワイトボードには次から次へと”二瓶語録”が書き連ねられ、先生方も一生懸命メモを取っていました。それぞれ、学校に戻って相手にする大切な子どもたち。その子たちのために一言も聞き洩らすまいという情熱を感じました☆彡長崎日大が起点となり、「自力読み」ができる児童・生徒たちを育て増やすことができる。こんなに素晴らしいことはありません!

終業式直後というご多用の中にも関わらず、熱意を持ってお集まりいただいた先生方とともに、これからも精一杯「作品の心」を届けていきたいと思います。

2019.12.25 高1の関門...

高1ACの冬季講座〔国語〕については、古典文法”助動詞”にターゲットを絞って、1月以降の校外テスト対策や今後の実力養成に励んでいるところです。

例えば、昨日・今日は「つ・ぬ・たり・り」を復習しました。2年生以上にとっては「あ~懐かしい!」「はいはい、アレね♪」と思うヤツですね(まさか、ん?あったっけ? なんてことになっていませんよね...)。逆に中学生にとっては、まだ見ぬ領域です。黒板調の画像をご覧いただくとわかるとおり、「つ」や「ぬ」には、完了・強意・並列の3つの意味があります。どのような場面に、どの意味をあてはめて訳せば良いのか...きちんと学習しておかないと悩ましい問題です。助動詞の中には、1つに対し6つも意味があるようなものも存在しますので、選別の方法をキチンと把握しておくことが如何に大切かが良く分かります。

因みに、今回の分については

1.「並列」ならば必ずリフレイン(繰り返し!)
 例)泣き笑ひ(泣いたり笑ったり)

2.「強意」はパターン暗記に限る♪ *む・む・べし・べし がメジャー級!

 例)波立てべし(きっと波を立てるだろう)

3.1でも2でも無いのは、ぜ~んぶ「完了」(コレが一番多い!)

といった具合に、覚えるべきことを丁寧に学んでおけば、鉄壁の選択ができます。

助動詞学習は、高1国語において”最大の関門”と言えます。しっかり学んでモノにしましょう。

完了・強意・並列が選べずに悩むのは、左の彼だけで十分です。
3択、苦労する。(サンタク クロースル)  皆さん、Merry Xmas★

サブカテゴリ