招き猫先生の『ことちか日記』R1 10/9

まずはご報告である。
昨日、拙ブログにて情報拡散をお願いした「迷い犬」くん。
無事に、飼い主さんのもとに戻ることができました。
皆様のご協力に深く感謝申し上げます。

さて、近頃の枯れ葉、落ち葉の多さは、秋の深まりを感じさせ、季節感のあるものなのだが、如何せん、朝からの清掃は大変である。

本日も苦戦していたところ、救世主が現れた。
本校サッカー部の皆さんである。

最初、5、6人が手伝いに来てくれた。「ありがたいな」と思いつつ、掃除を続けていると、次から次に加わっていき、最後は30~40人来てくれた。

普段から掃き掃除をしてくれている先生方からも「いつも手が回らないところまでやってくれて助かりましたね。」という言葉が出ていた。

非常に嬉しくて、顧問の亀田先生と坂本信先生に感謝の気持ちを伝えに行ったところ、ご存じなかった。部員に尋ねると、高校2年生を中心に、自発的に「掃除しよう!」と決めたそうである。

掃除をするから良くて、しないのはダメ、などというわけではない。それぞれが自分のやるべきことに真剣に取り組んでいてくれれば、吾輩はとても嬉しい。

とはいえ、学校のみんなのためになることを、自分たちで思いつき、実行してくれたことが、非常に嬉しいのである。

サッカー部諸君! 吾輩「マジ、リスペクト!」である。

ただ、無理しないで、ときどき、たまーにでいいからね。である。


本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!