招き猫先生の『ことちか日記』H27 5/25

piramiddo先週の西日本新聞の記事である。
長期に渡って連載されている、野矢 茂樹氏のコラム『哲学者のいる風景』の二日分を転記した。
あまりにも現在進めている「言語技術トレーニング」の意図するところと一致していたため、感激のあまりである。
ぜひご一読いただきたい。

 

 私が中学生だった頃と比べて、いまの国語の教科書はずいぶん変わった。はるかによくなっている。とはいえ、実際の教科書作りはいくつもの現実的な制約にしばられ、なかなかやりたいようにはできない。そこで、現実を無視して、私が作りたい教科書の姿を描いてみよう。
 嘗ての中学の国語の授業はひとことで言えば「名文鑑賞」だったように思う。りっぱな文学作品を読み、教師がそのすばらしさを解説する。もちろんそういう授業は必要だろう。だが私は、「文学」と「国語」は別立ての科目にすべきだと考えている。同時に、国語から道徳教育や情操教育といった側面も排除する。国語をあくまでも日本語を学ぶ科目、実用的な語学として位置づけたいのである。
 言葉を使うということは、いくつもの技術を身につけるということである。どんな技術が必要なのかをきちんと取り出して、それを教え、練習させなければいけない。現在の教科書は指導要領に従おうとしてあまりにも盛りだくさんになっている。そのため、授業で扱いきれないか、やっても通り一遍に終わってしまいかねない。しかし、それでは技術は身につかない。本当にだいじな技術を選び出して、反復練習させなければいけない。
 たとえば、過不足のない適切な内容を順序立てて述べる力を身につける。そのためには、名文を鑑賞させる必要はない。実用的な、しかしきちんとした文章を読ませ、手本とする。それと同時に、悪文も示して、どうしてそれが悪文なのかを見抜く練習もする。そしてその文章をよりよい文章に手直しさせる。それを何度も練習もする。
 あるいは、要約する練習というのはものすごく力がつくと私は考えているが、それも授業だけで一回熱かったからといってどうなるものでもない。
 そんな日本語の技術を反復練習するための教本。あ、これはもう、おとなにもやらせたいね。

 

 想像してみよう。理想的な国語の教え方を。現実離れした夢などと笑わないで、想像してみよう。
 いい文章を与えて、「さあ読みなさい」と言い、夏休みのことについて「さあ書きなさい」と言う。それだけでは国語教育にはならない。いま考えたいのは、実用的な日本語の力を育てる、語学としての国語だ。だから、たんに知識を教えるだけでなく、実際にいろんな文章を読み、自分でも書かなければいけない。だけど、やみくもに読んだり書いたりしても、日本語の力は身につかない。
 例えば、根拠の関係を把握する。そのことに焦点を当てて、繰り返し練習する。あるいは、接続表現を的確に使えるようにする。そんなふうに、何を学ばせたいのかを明確にして、学ぶことによる達成感をもてる科目にする。おそらくいま生徒たちは国語の授業で何を学べばよいのかよく分からず、それで、国語は勉強してもしなくてもおんなじだという感覚をもってしまっているのではないだろうか。
 言葉は、頭で分かっているだけでは意味がない。修得すべき技術を繰り返し練習する。そのとき教師は、壇上から教える者でなく、練習している生徒に寄り添うコーチでなければならない。実質のあるメニューのもとで、生徒一人ひとりの力を見きわめ、的確なアドバイスを与える。
教材は、教えたいポイントに合わせて書き下ろしたものがよい。例えば、要約の練習をさせる。最初はほぼ機械的なやり方で要約文が作れてしまう文章から始めて、だんだんレベルアップしていく。世の中に出まわっている文章はけっこう要約しにくいものだったりする。だから、いわば、海に出ていく前にプールで練習するのだ。子どもたちの力に即した、プール指導のような国語の授業。そして子どもたちを、やがて荒波へと送り出す。
 想像してみよう。こんな教育が実を結んだなら、きっと日本は変わる。

 

以上の文章であった。

 

野矢氏は「言語技術」のスタッフではないかと思えるほど、現在、吾輩が中学一年生の仲間とともに進めようとしていること、そのままなのである。

 

ただひとつ、注意点を挙げるとすれば、吾輩はこれまでの日本の国語教育(受験国語も含めて)を全否定しているわけではない。同様に、欧米型の言語技術いわゆるランゲージアーツを全肯定しているわけではない。グローバル、グローバルと流行ものに飛びつき、現在まで必死で進めてきた(今もなお、創意工夫・苦心惨憺の体で努力している)日本の国語教育を否定することで、自らが先進的かつ優れているかのように振る舞う軽薄なことはやりたくない。

 

吾輩が教えを乞うているつくば言語技術研究所の三森ゆりか先生は「日本の国語教育を否定するのではなく、それだけでは足りない」と言っているのである。これからの時代において、世界基準として「言語技術」の修得が必要であるからトレーニングをするだけなのである。
三森ゆりか先生の「言語技術の存在を知らず、そのトレーニングを行っていないことで、日本人が国際社会において軽んじられるとしたら、それは我慢できない」という言葉が吾輩は大好きなのである。

 

本日はここまで!

招き猫先生の『ことちか日記』H27 5/22

ouendan昨日述べた「言語技術トレーニング」第一弾「問答ゲーム」は快調である。吾輩の愛する生徒たちは実に楽しく取り組んでくれる。最初は少し子供っぽいやり取りになるので「みんな興味を持ってとりくんでくれるかな」と少々心配していたのだが、予想以上にしっかり取り組んでくれた。やはり、素晴らしい少年・少女たちである。吾輩の宝物である。わが輩の夢である。希望である。

「言語技術トレーニング」は、ふだんの国語の授業にも取り入れている。たとえば、国語の教科書を自分の最高のスピードで正確に読み上げるトレーニングである。生徒たちは教科書の約2000字の文章をより速くより正確に一気に読み上げるのである。このトレーニングは、国語(話すこと・読むこと)が苦手な生徒にとって有効であると同時に、国語が得意な(読むことが上手い)生徒にとってはさらに自己の能力を向上させる効果を持っている。


ことちか単語テストもかなり慣れてきた。頼もしい中一集団である。最初の平均は20点満点で15点くらいだったが、現在は18点台後半になってきた。このことちか単語シリーズは、現在やっている「読解基本語600」の読みが定着したら、文中での意味(言い換え)や類義語・対義語、さらには英語で言うとなどと、読解基本語を利用して学びの幅を広げていきたい。


そこから、小説を読むために必要な感情表現・情景描写の言葉、
ざっと並べてみると、いたいけ・かいがいしい・ふがいない・いたたまれない・こびる・はにかむ・おもはゆい・かこつけて・こぞって・おくめんもなく、などなど、いかがであろうか。
大学生・社会人であってもすぐには平易な表現に言い換えたり、的確につかいこなすのは難しいものもあるだろう。このような言葉を約300語修得していく。

さらに、説明文・論説文を読むための論理的な表現や概念語まで進んでいく。ざっと並べてみると、回帰、駆使、制御、糾弾、示唆、端的、独善的、介在、などなど、これも約300語、この分野はこれでは足りないのだが、中学生としてはまずここからという感じである。

少年・少女たちにとっては苦しいときもあるかもしれないが、あせらず、あわてず、あきらめず!頑張って欲しいものである。そして、どうせ頑張るなら、これまでにない新しい学びや将来を大きく発展させるスキルや精神性を磨くような取り組みを一緒に進めていきたいなと思っている。そして、その期待に応えてくれる生徒集団であると信じている。昨年まで3年間指導していた現在の高校1年生のときもそうであったが、現在も吾輩は授業にいくのが楽しくて楽しくて仕方がない。
吾輩としても、国語教師人生の総決算のつもりで挑んでいきたいのである。

本日はここまで!

招き猫先生の『ことちか日記』H27 5/21

いよいよ、中学1年生においても放課後講座が始まっている。火曜日と木曜日の週二日、60分の2コマの講座である。吾輩の担当する講座は「言語技術のトレーニング」ということで取り組んでいる。

enpitsu

「言語技術のトレーニング」の第一弾は「問答(もんどう)ゲーム」である。聞き慣れない言葉であろう。しかし、やっていることは至極かんたん!単純なことなのである。


その流れを書いてみよう。
①「あなたは○○が好きですか」という問いに対して、
②主語と「何が」をはっきりさせて、
 「私は○○が好きです(嫌いです)」と答える。
③その後に、必ず「どうしてかというと」「なぜかというと」「その理由は」
 という言葉を使って、根拠を述べる。

  これがルールである。
  「なんだ、これが何になるの?」などと思うことなかれ、である。
  以外と吾輩たち大人も含めて「いい加減な」会話をしていることが多いの
 である。生徒たちも上手に答えるときもあれば、言葉に詰まってしまうこ
 ともあるようだ。
  そして、必ずそれを文章化するところまで持っていく。

  このやり取りに慣れてきたら、
 「以上が私が○○を好きな理由です」などと最後にもう一度、自分の意見
 を示すところまでいくのである。

  ここまでいけば、欧米型のパラグラフのスタイルが出来上がる。
  トピックセンテンス→サポートセンテンス→コンクルーディングセンテン
 スの流れである。


  吾輩が「言語技術」の修得に努めてきて、結論として感じるのは、「自分の意見や考えを述べるときには必ずその根拠となることを併せて述べなければいけない」という世界基準を意識することがすべての基本ではないかということだ。

いよいよ、「言語技術トレーニング」始動!である。
本日はここまで!

招き猫先生の『ことちか日記』H27 5/16

「今年度の」というよりも、『国語』を教えることを生業としてきた吾輩にとっての大きなチャレンジである言語技術の指導にそろそろ取りかかろうかと考えている。


長崎日大が始めます!
2015→
 
長崎日大独自の英語教育システム

GLOBAL EDUCATION PROJECT
GEPに新たな挑戦が加わります。

GEP+言語技術Language Arts


 長崎日大中学校の国語教育は、6年後の大学入試における「確かな入試得点力」を培う内容と「漢検」「日本語検定」、本校独自の「国語力統一テスト」、筑波大学付属小学校の二瓶弘行先生を招いての「夢の国語教室」など言葉の力を重視した内容を併せた魅力的な取り組みを続けております。

 この度、GEPで鍛える英語運用能力や情報活用能力をさらに発展させるため、全員の潜在能力を余すところ無く開花させるための方策として、
国語教育の中に新たに「言語技術の指導」を加えていきます。
「言語技術の指導」は従来の国語の授業の中に週一時間、放課後講座の中に週一コマを予定しております。指導教材として、つくば言語技術研究所(三森ゆりか所長)作成のテキストを使用する予定です。


kattobaseというかたちで昨年度の入試説明会等でお知らせしてきたのである。中学校生活にも少しずつ慣れてきた中学1年生に対して、いよいよスタートさせようかなと考えている。まあ、吾輩の国語の授業に限らず、世の中の国語の授業には、母語としての日本語をしっかり使いこなすための技術を養成する内容はあって然るべきなのだが、なかなかそうはいかない。国語の授業や課題のおかげでセンターでいい点が取れました。○○大学の二次個別入試にも十分対応できました。という生徒の声は聞くことがあっても、国語の授業のおかげで、「公式の場にふさわしいしっかりした日本語で話せるようになりました。」とか「論理的な思考に基づく議論ができるようになりました。」「社会に出てからのプレゼンに役立ちました。」等という言葉は残念ながらあまり(ほとんど)耳にしたことがない。吾輩の不徳の致すところでもあるのだろうが、巷間においても推して知るべしである。

至極、簡単に言えば、言語技術とは「世界基準で批判的に物事を分析(読解)し、論理的に考えた自らの意見を、世界基準の説得力を持つ的確な言葉で表現する」ための日本語の技術と言えるだろう。

とは言え、それほど大それたものではない。中学1年生の発達段階に応じてとっつきやすい簡単なものから導入していく予定である。              

ときどき、進捗状況をお知らせするつもりである。
乞う! ご期待である。
本日はここまで!

招き猫先生の『ことちか日記』H27 5/14

otyahuro中間考査終了である。
吾輩が担当する中学1年生たちも「初めての」定期考査を終え、今は各時間ごとに答案の返却がなされている。「よかった」「悪かった」と大騒ぎである。
吾輩が担当している国語のテストは先日からこのコラムでも述べているように出題の意図を明確にしてある。生徒たちには単なる成績の良し悪しではなく、今後につながるテストのふり返りを期待したいものである。

今日の授業でこんなことを試してみた。
今回のテストの大問二と大問三についてである。

 次の文中の傍線部①~⑳を漢字に直して明確に記せ。
①この絵はシカクに訴えてくる。
②美術品をテンランする。
③日本文化のゲンセンをたずねる。
④私は父母をソンケイしている。
⑤子供のショウライに期待する。
コンナンに打ち勝つ。
⑦中央カンチョウに出向く。
⑧やかんからジョウキが上がる。
⑨夢はウチュウ飛行士になることだ。
⑩まじめにキンムする。
⑪ただ今のジコクは七時ちょうどです。
⑫この板はコウテツでできている。
トウロン会に参加する。
ズノウ・体力ともにすぐれている。
⑮物事をヒハン的にみる。
⑯商品をキョウキュウする。
キリツ正しい生活を送ろう。
コキュウ困難におちいる。
ジガに目覚める。
ユウビン局に行く。

 次の傍線部①~⑳の読みを答えよ。
重宝…便利なものとしてよく使うこと       
不可欠…なくてはならないこと          
脳裏…頭の中・心の中              
る…自分の身に受ける
迷信…理屈に合わない言い伝えや⑤信仰
具体的…ものの形や内容がはっきりしている様子
る…計画して、実現を目指す
矛盾…つじつまが合わないこと
日和…天候の具合・天気・空模様
尊重…そまつにせず、重んじること
優越感…他よりすぐれていると思う得意な気持ち
需要…買う人が、品物を必要とすること
過剰…多すぎること
体裁…人に見られたときの自分の様子・体面
む…断る・承知しない
臨場感…実際にその場にいるような感じ
皆無…全くないこと・少しもないこと
しい…少ない・足りない
平生…ふだん・いつも
消費…使ってなくすこと

それぞれ1問1点の20点ずつの配分である。テストの結果、大問二と大問三の得点平均がクラスによって5~8点ほど違っていた。もちろん漢字は「書く」より「読む」ほうが取りやすい感はあるが、あえて生徒たちに「この差はなぜ生じていると思うか」という問いを投げかけてみた。

生徒たちの考えは様々であったが、いくつかのやり取りを紹介しよう。

生徒「書き取りはGWの課題としてやっただけだったけど、読みは何回かに
   分けて小テストをしていたから身についたと思います。」
吾輩「やっぱり、小テストって大事だと思う?」
生徒「大事です。でも一回一回にちゃんと取り組んでいないと意味がないか
   な」
吾輩「そうだね。他に大事なことってないかな」
生徒「ぼくはなかなか小テストの準備が完璧にはできなかったけど、戻って
   きたときに間違えたところをその場でしっかり見直していました。す
   ると、ぼくたちが間違えたところから結構出ていたんでラッキー!な
   んて思いながら解きました。」
吾輩「なるほど、よしっ!では、教訓その1、
   小テストをこれまで以上に大事にしよう。
   間違ったところは戻ってきた瞬
間に確認
   しよう。」

吾輩「他にないかな?」
生徒「はい、書き取りはだいたいわかっていても細かいところで間違えてい
   るものが多いと思います。読みの場合はそれがないから。」
吾輩「そうだね。書き取りはちょっとしたところで正解・不正解が分かれる
   もんね。」
生徒「特に自分でやるときは、答え合わせを慎重にやらないと間違えをその
   まま覚えてしまっていたところがありました。」
生徒「複雑な漢字は一度大きく書いて覚えました。」
生徒「細かいところまでよく見えない漢字は一度パソコンで打って拡大して
   確認しました。」
吾輩「みんなスゴイね。その工夫って大事だよな。」
生徒「ぼくも頑張ったつもりだったけど、見直しが足りなかったと思います。
   宿題やっている途中で、覚えることが目的なのに、とにかく漢字を書
   いてしまうことを目指してしまっていました。」
吾輩「それは私たちの生活の中でよくあることだよ。本来の目的を見失った
   り、別の方向にずれてしまうことって大人でもけっこうあるんだよ
    ね。何のためにそれをやるのかっていうことを『目的意識』っていう
   んだけど、それを明確に持っていることは勉強以外においても大切な
   んだ。」
生徒「わかりました。それでは、教訓その2は、
   宿題は目的意識を明確にして取り組もう!
   ですね。」

吾輩「すばらしいね。でも言うは易く、行うは難しだよ。」

吾輩「他にはもうないかな?」
生徒「書き取りは文の中で自分で意味を考えなければいけないけど、読みは
   その意味がそのまま書いてあるからわかりやすいんじゃないかな。」
吾輩「よく気がついたね。そこはとても大切なところだよ。漢字は読み・書
   き・意味をワンセットで学ぶことが何より大切なんだ。」
生徒「ええーっ、でも少し面倒だなぁ」
生徒「でも、間違えるよりはいいかも」
生徒「私よく同じ読みの漢字の書き取りを間違えるから意味は大事だとおも
   う。」
生徒「同音異義語っていうんだよね。」
吾輩「よく知ってるね。同音異義語・同訓異字、これからよーく教えるから
   ね。」
吾輩「では、教訓その3、面倒でも漢字は読み
   ・書き・意味をワンセットで覚えよう。」

当たり前のことである。しかし、生徒たちが会話の中で自分たちで導き出す教訓が大切なのである。
また、生徒とのやりとりは吾輩に「当たり前のことだけど、大切なこと」を改めて教えてくれるのである。すばらしい生徒たちと一緒に「日々前進」「日々成長」である。1コマ1コマの授業を楽しく充実させていきたいものである。

本日はここまで!